グアムのコロナウィルス感染状況について(2月22日現在)

2021/02/23

グアムのコロナウィルスの感染状況は、2月21日の新規感染者数は4名。ピーク時には102名だったコロナ関連の入院者数も現在は5名まで減少しています。

ワクチンについては有効性や安全性に不安の声が上がりつつも接種に対して前向きな島民も多く、今は医療従事者や高齢者を中心に接種が順調に進んでいます。

2月22日からグアム政府が定める4段階のPCOR(パンデミック警戒レベル)は、最高レベルの2段目の”2”から”3”に引き下げられました。2月24日からは最大収容人数50%を上限に居酒屋やバーの営業も許可されます。

少しづつ規制が緩和されつつありますが、「ソーシャルディスタンスの確保」と「マスクの着用」は引き続き義務付けられています。特にレストランやカフェなどの飲食店では除菌作業やスタッフの健康管理など、感染対策を徹底して営業しているお店がほとんどで、利用する側にとっても安心感があります。

日本からグアムへ入国する場合は、現在も14日間の強制隔離措置が必要です。そのためグアムには観光客の姿はほとんどなく、タモンの街には軍関係の方やローカルが少し歩いているくらいです。

今まだ耐えなければならない踏ん張りどきですが、グアムは少しづつ前に進んでいます。観光業が再開されて日本からまた多くの方が来島されるときには、グアムで安心して楽しんでもらえるように未来に向けてそれぞれ考えながら取り組んでいます。

来島される観光客の多い日本や韓国の状況も落ち着けば、にぎやかなグアムに戻る日も近いかもしれません。

コロナ禍以前のようにたくさんの笑顔あふれるグアムに1日も早く戻ることを願っています!

新着記事

2021/06/18

お一人様にもファミリーにもおすすめ!PICホテル内の『らーめんハウス北海道』

2021/06/10

チキンが美味しいファストフード店がオープン!『Raising Cane’s』

2021/05/30

本格派ステーキハウス『Long Horn(ロングホーン)』がグアムに上陸!

2021/05/26

グアムで人気のハンバーガーを味わう!『mosa’s joint(モサズジョイント)』